• 社長

「北海道スープカレー」in 台湾

最終更新: 1月17日


弊社の台湾パートナーである「亞企食材科技股份有限公司」が、

北海道スープカレー店「カレー食堂 心」を誘致しました。

アジア経済ニュースより抜粋

https://www.nna.jp/news/show/1949698

ソニーの台湾代理を務める尚立の子会社で、日本食材の代理販売を手掛ける亜企食材科技は16日、台北市内湖区に、北海道のスープカレー店「カレー食堂 心」のメニューを提供する飲食店と、日本の物産品を販売するアンテナショップを複合した「亜企味屋(AJIYA)」をオープンする。同様の店舗は2店目。日本ブランドを活用し、今後5~10店舗に拡大したい考えだ。

亜企味屋の店舗面積は約100坪で、座席数は53席。1階は全てのテーブルにIHヒーターを設置し、鍋料理を提供できるようにした。2階は日本の物産品販売エリアのほか、デザートやアルコール飲料を提供するバーを設ける。

内湖区に出店した理由について、亜企食材科技の執行長で尚立の董事長兼執行長も務める簡剛民氏は、「内湖はIT・ハイテク企業が多く、消費力が高い」と説明。滞在時間を長くすることで客単価を上げる考えで、来店数目標をランチ100人、ディナー50人と定めたのに対し、客単価はそれぞれ300台湾元(約1,040円)、600元と高めに設定した。



 実は、私は今までスープカレーは1回した食べたことがなく、ずいぶん前に全国的にも流行した記憶はあるのですが、いまひとつ味の記憶が定かではありませんでした💦🙇 まさか台湾の地で北海道スープカレーを食すことになるとは思いませんでしたが、台湾パートナーのおかげで、私の思い出を超えた美味しいスープカレーを食べることができるようになりました。

もちろん台湾にも日本のカレーの店はたくさんありますが、スープカレーはまだまだ数える程度で、スープカレー自体を知らない人が大部分だと思います。「亞企食材」と「心」がタッグを組んだ新しいスタイルのカレーが台湾の人たちに受け入れてもらえることを願っています。

「カレー食堂 心」http://cocoro-soupcurry.com/ja/

「亞企食材股份有限公司」https://www.achi-foods.com/

#台湾 #台北 #taiwan #taipei #スープカレー食堂 心 #亞企食材股份有限公司 #AJIYA

  



最新記事

すべて表示

台湾「あじ屋1号店」のご紹介

前回、台湾パートナーのレストラン「あじ屋2号店」をご紹介しましたが、今回は2号店のすぐ近くにある1号店を紹介します。(1号店と2号店の紹介が逆になりすみません) 「あじ屋1号店」は、お昼は定食やお好み焼き、夜は鉄板焼きを中心とした日本料理のレストランです。レストランの広さは2号店よりも小さく、通りから少し入ったところにあるため見つけにくいかもしれませんが、美味しいと評判で、特にお昼の時間は近隣のビ

Copyright © Fukudasakichishouten. All Rights Reserved.